2020.8.31(Mon)

走れる喜びと有り難み

朝晩は少しずつ暑さが和らぎ、秋の足音が聞こえてきたような気がしますが
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

わたしは先日で、産後3ヶ月になりました。
ランニングと並行して加圧トレーニングなどで筋力を戻すことを継続中です。

画像2

また、以前からお世話になっている平田雅子さんの練習会にも初めて参加!
外出時は時間との勝負で、糖質補給も一苦労することがしばしば…。

画像3

こんなときでもカリフォルニア・レーズンは片手でササっと食べられるので本当に助かります。

練習会では基礎トレーニングをしっかり行うので動きが良くなりました。
400m +300m +200mのショートインターバルを5セットやるというなかなかハードなメニュー!
「できないかも…」と及び腰でしたが、他の参加者さんのおかげで何とかこなすことができました。
今回のような練習は糖質を使うため、トレーニング前に補給するものによっては終盤エネルギー不足になりパフォーマンスが落ちかねません。
そんなときこそ、レーズンが大活躍!
腹持ちがよいため、最後まで枯渇せずしっかりと走り切ることができました。
「スタミナあるねー!」と誉めてもらえたのですが、おそらくそれはレーズンのおかげかと思います(^^)

また、レーズンはミネラルの宝庫なので発汗量が増える今の時期、積極的な摂取をオススメします。
また、海水からできた精製されていない塩をレーズンと混ぜたものを食べると、ナトリウムやマグネシウムも摂れます。
甘じょっぱくて美味しいのでぜひお試しください♪

走りながらフォームのアドバイスもいただいたのですが、その通りにしたらとても走りやすくなりタイムとカラダの動きがよくなって感動(T . T)
平田さんはお子様を2人出産されているので、産後トレーニングのアドバイスもいただくことができ大変有意義な時間を過ごすことができました。
アタマでは基礎トレの大切さをわかってはいるものの、時間がないのととにかく走りたい気持ちを優先してしまいがち。
しかし、練習会で基礎の重要性を痛感したので今後のためにもキチンと実施しようと決意しました。

加圧トレーニングをすると筋力がどれくらいついているのか分かるのですが
ようやくアスリートメニュー初級(笑)くらいに戻ってきました。
基礎トレやショートインターバル、加圧トレーニングのおかげか
いまいちしっくりこなかったフォームがカチッとハマり走りやすくなりました。

7月末のジョギングではストライドは110cm、ピッチは160で非常に小さな動きでした。
それが最近はストライドが120cm超え、ピッチは170〜180くらいになってきたので
もう少しするともっと良い動きができてくるかもしれません。

時間的な制約があるものの、夫や実家、職場の理解がかなりあるのでストレスなくトレーニングすることができています。
妊娠、出産を経て「走れるのは当たり前ではない」というのを実感し、感謝の気持ちが強くなりました。

少し長く休んでしまったのでフィジカル面は落ちてしまいましたが
メンタル面はとても大きく変わり、良い方向に向かっている気がします。
前のように走れなくなったという現実に直面したときはショックが大きかったですが
「新しいカラダを作る気持ちでやろう!」とすぐに切り替えました。

娘はまだ赤ちゃんでただひたすら「かわいい」ですが、これから大きくなってくると悩みも増えるかもしれません。
もしかしたら走るどころじゃなくなるときもくるかもしれません。
しかし、ピンチは自分を成長させてくれる一番のチャンスです。
どんなときでも常に前を向いてベストな方法を模索していきたいです。

マラソンはメンタルスポーツで内面の成熟度が結果に反映されやすい。
フルマラソンは開催される目処が立っていない大会が多いですが、来るべき時に備えて
できることをコツコツ積み上げていきます!

年別の記事一覧


TOP