2021.3.30(Tue)

きつい練習を乗り越えるならコレがオススメ

ようやく春らしい陽気になってきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

今は姿勢とランニングフォームの改善に全力で取り組んでいるので反り腰や巻き肩もよくなりました。
カラダの柔軟性が増したおかげで腕を抱え込むようなフォームではなくなり、今までうまく使えていなかった腹筋や骨盤の回転を意識できるようになりました。

速く走ろうとしなくてもカラダの動きが良くなったことに加え、筋力もあるためペースがつい速くなってしまいます。
持久力があれば速度が上がっても長い時間走り続けることができますが
大会へ出場する予定がなかったため週2~3回、しかも30分程度しか走らなくなりました。

そんな矢先、渋谷表参道Women‘s Runに出場させてもらえることが決まり、ようやく練習のモチベーションが上がってきました!
きつめの練習があるときはお腹が痛くなったり、エネルギー切れを起こさぬよう食べ物や飲み物にとても気をつけています。

ポイント練習(インターバルなど強度の高い練習)をする前後は、消化の良い炭水化物を摂る必要があります。大変オススメな私がよく食べているものをご紹介します。

画像2

「三角黒蒸しぱん」(山崎製パン)

蒸しパンは最近手作りすることも多いのですが、作れないときにこちらを購入して食べています。

練習前はなるべく脂質が低く、できるだけ多くの糖質を摂取する必要があります。
この「三角黒蒸しぱん」は1包装当たり熱量が350キロカロリー、たんぱく質が5.7g(意外と高たんぱく!)、脂質が1.4g、炭水化物が78.7g(すごく多い!)

咀嚼をすると満足感もあるため、よほど直前の補給や胃腸が弱い方でない限り流動食より固形食のほうがオススメです。(よく噛んでくださいネ♪)
小麦粉は消化が早くお腹が痛くなりにくいうえ、カリフォルニア・レーズンは腹持ちが良いため練習でもしっかり追い込むことができます。

原料に使われている黒糖は、発汗などで失われるミネラルが豊富に含まれています。
そのミネラルとは…

・ナトリウム…疲労感やけいれんを抑えてくれる
・カリウム…むくみを抑え、血圧を下げる
・カルシウム…骨や歯のもととなる
・マグネシウム…筋肉を攣りにくくしてくれる、骨をしなやかに保つ
・鉄…赤血球のもととなり、貧血を予防してくれる

レーズンにもこれらは含まれており、特にカリウムと鉄分は多く摂れます。
マグネシウムと鉄分は現代の食事だと不足しやすいのですが、三角黒蒸しぱんはモチモチしていてとても美味しく手軽に栄養補給できます。

スーパーなどで入手できますので、ぜひご賞味ください^^

渋谷表参道はコースがとにかくキツい!
とくに傾斜のきつい下り坂を下ってすぐに上り坂を走ると、2倍くらいの負荷に感じるため筋力がないとフォームが崩れやすく大幅に失速してしまいます。
ですが、加圧トレーニングで毎週鍛えているわたしはアップダウンのあるコースは大の得意!
「きれいなフォームのまま走り続けること」を最大の目標にゴールしたいです。
出場する皆様、一緒に頑張りましょう!

年別の記事一覧


TOP