2021.7.30(Fri)

5年間ありがとうございました!

毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
オリンピックで、トップアスリートの活躍に勇気や活力をもらっている方も多いのではないでしょうか。
先日、10年ぶりに月刊ランナーズの表紙モデルをさせてもらいました。

画像2

夫婦対談なども掲載してもらっているので、読んでもらえたら嬉しいです(^_^)

じつはこちらのブログ、今回が最終回となります。

「自身のトレーニング経験から培った育児をする上での心がけ」「思い出や感謝の想い」「わたしにとってレーズンがいかに大切な存在だったか」などなど…盛りだくさんな内容を綴ります。

少し長くなりますが、最後までお読みいただけたら嬉しいです。

幼い頃から、レーズンは大変身近な存在でした。
そのまま食べることも多かったですが、レーズンパンやレーズンでできたお菓子(オールレーズンやレーズンサンドなど)の加工品も頻繁に食べていました。

中でも1番のお気に入りは、母の作ってくれたレーズン入り蒸しパン。
優しい味で、今でも美味しさを覚えています(^^)

娘もレーズンやレーズンパンが大好きなので、親子で一緒にごはんやおやつタイムを楽しんでいます。

画像3

これはある日の朝ごはんですが、娘はレーズン入り蒸しパン。
わたしはレーズンとチーズを乗せたトーストを食べました。

(撮影時、待ちきれず手を伸ばして食べようとしていました。笑。
娘に気を取られていたら、トーストは焼きすぎて焦げちゃいました(^_^;)ママあるあるでしょうか??)

蒸しパンは、粉と牛乳をよく混ぜてレンジで50秒加熱するだけでできるものが売られていたので、簡単で失敗ナシ(^ ^)
とても美味しかったらしく、一瞬で完食してもらえました♪

朝から一汁三菜を用意したいところですが、食べきれないことも多いので簡単に済ますことが多いです。(幼児用ミルクが栄養価高いので信用しています)

ベビーフードなどは「手抜きなんじゃ…」と罪悪感に苛まれてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、ほんの少し手を加えるだけで「手作り感」が増して、そうした気持ちを軽くしてくれるので、よく使います(笑)

わたしは以前、マラソンで結果を出していた頃、仕事以外のほとんどの時間を競技に費やし、練習が嫌いになるほどトレーニングを積み重ねていました。

「がんばらないとみんなに認めてもらえない。いろいろな契約を切られてしまう…。いつもストイックじゃないといけない」と、自分に過度なプレッシャーをかけていました。

表面上は健康に見えたかもしれませんが、ココロは全く健康ではありませんでした。

画像4

産後に走るのを再開したとき、以前のようにトレーニングをしたら怪我をするため

「ほどほど」に抑えてやってみたら、本当に楽しくって!
結果もみるみるついてきて、産後半年で30km走を4分6秒ペースで走れた時は感動しました!

このとき「ほどほどに楽しくやるってとても大切なんだな」と実感しました。
トレーニングも育児も、ほどよく肩の力を抜かないとココロの健康を害してしまい、 自分も周りもハッピーじゃなくなるので、がんばりすぎないことを目標にしています。

レーズンのアンバサダーを務めさせてもらえるというお話をいただいたとき、本当に嬉しくって飛び跳ねるほど喜びました。

さまざまなイベントへお招きいただいたり、協会の方々とお話しさせてもらいレーズンの魅力をたくさん再発見!
また、ラジオ番組のゲストとして出演させてもらったり、講師として登壇させていただいたり、協会様のおかげで貴重な体験をたくさんすることができました。

マラソンを競技レベルで行っていたり、妊娠中や授乳中は貧血になりやすいのですが、 レーズンに含まれる豊富な鉄分が、わたしのカラダをサポートしてくれました。

貧血になると疲れやすくなったり、低酸素状態で動くことになるため、長い距離や速いスピードを保って走ることができなくなるなど、パフォーマンスが顕著に落ちます。
そればかりでなく、顔色が悪くなったり、美容面でも良いことはひとつもありません。

妊娠中は血液量が増えて血が薄くなったり、母乳は血液から作られるのですが 悪阻や疲労で思うように栄養補給ができないことが多々あります。

わたしが無事に、トレーニングや試合、産前産後を乗り切れたのも、レーズンのおかげです!
夏場は発汗量が増えて貧血になりやすいので、皆さんにもぜひたくさん召し上がってほしいです。

今後の目標ですが、子育てが落ち着くまでもう少しかかりそうなので、2年後くらいにフルマラソンでサブスリー、3年後くらいに、また以前のようにバリバリ練習を再開したいと思っています。

最後となりますが、丸5年間、アンバサダーとしてこちらのブログを執筆させてもらえて嬉しかったです。
カリフォルニア・レーズン協会さま、多くの皆さまに感謝申し上げます。

年別の記事一覧


TOP